読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dude Taka

自由気ままに、わがままに生きる

Bitcoin ってなんだ??? 最近ハマりの資産運用方法。

みなさん、おはちゃお👋

もうすぐ旅に出たり、お店出したりするので、

チョーーーーーー多忙な毎日を送る

Takaです。

 

さーさー、最近毎日ポチポチが止まりません笑

あっ、ネットショッピングじゃないですよ👍

パソコンの前でビットコインしてます!

 

 

f:id:utsumingu:20170203173028p:plain

 

え?ビットコインって何?

どこの国の通貨?

新しいお金?

ってなると思います。

 

簡単に言うと、

新しいお金

なんです。

 

ってことで、今日はビットコインについてお話しまーす✋

FXや株と一緒で、

ビットコインも資産運用みたいなものです。

 

ビットコイン中本哲史なかもとさとしを名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された。

ビットコインシステムはピア・トゥー・ピア型のネットワークにより運営され、トランザクションビットコインの所有権移転。取引)は仲介者なしでユーザ間で直接に行われる。このトランザクションはネットワークに参加しているノードによって検証され、ブロックチェーンと呼ばれる公開分散元帳に記録されていく。トランザクションでは通貨単位としてビットコイン(BTC)が使用される。このシステムは中央格納サーバや単一の管理者を置かずに運営されるので、米国財務省ビットコインを分散化された仮想通貨というカテゴリーに分類している。ビットコインは最初の暗号通貨とも言われるが、DigiCashやRippleといった先行システムが存在し、それを最初の分散化されたデジタル通貨として説明するのがより正確である。ビットコインは、この種のシステムの中では最大の時価総額を持つものである。

ビットコイントランザクション処理作業に対する報酬という形で新規に発行され、ユーザ達が計算能力を提供することでトランザクションは検証され、公開元帳に記録される。このトランザクションの検証・記録作業はマイニング(採掘)と呼ばれ、マイナー(採掘者)はトランザクション手数料と新規発行ビットコインを報酬として受け取る。ビットコインはマイニングにより入手される一方で、他の通貨や商品・サービスと交換することもできる。ビットコインを送信するときにユーザはマイナーに任意の額のトランザクション手数料を払うことができる。

ビットコインを商品やサービスの対価として受け容れる企業の数は、2015年2月に10万社を超えた。クレジットカード会社は通常2-3%の手数料を課すが、ビットコインでは多くの場合、企業は0%以上2%以下のトランザクション手数料を支払う。ビットコインを受け容れる企業の数が2014年に4倍に増加したにもかかわらず、暗号通貨は小売業界ではあまり普及していない。欧州銀行監督局(EBA)およびその他の情報提供元は、ビットコインユーザが返金を要求する権利やチャージバックにより保護されているとは言えないと警告している。犯罪者によるビットコインの利用は金融規制当局・立法機関・法執行機関・メディアの注意を惹きつけている。米国をはじめとする国々の当局者たちはビットコインを合法的な金融サービスを提供できるものと認識しているものの、闇ネット市場や盗難を中心として犯罪活動が行われている。

ビットコインは極めて低いコストでの決済(およびマイクロペイメント)を権力機関や特別な権限を持つ発行者無しで平均10分程度の待機によって可能にする。ノードから別のノードへの貨幣の移動は電子署名された取引で行われ、ピア・トゥー・ピア型ネットワーク内の全てのノードにブロードキャストされる。初期の通貨流通や、二重支払いの検知のためプルーフ・オブ・ワーク・システムが用いられている。

ビットコインは、採掘、もしくは商品・サービス・他の通貨との交換、また寄付を受けることにより入手できる。

中央支配機関がないビットコインの信用は、ネットワーク参加者全体で相互に形成されている。

価値下落を防ぐ努力をするような中央組織は存在しないというリスクがある一方で、使用者の意図に反して価値をコントロールすることもできない。 

中国では金融機関における取引での使用が禁じられ、欧州銀行監督局は利用者保護に欠けると警告している。

ビットコインの盗難は可能であり実例があるものの、オフラインでの防止策でこうした危険性は減らせる。

現在の全般的な商業流通量は、価格変動を煽る投機目的に比べて小規模であるものの、実際に製品やサービスの支払いに使用されている。

一般的なクレジットカードの手数料2−3%に比べ費用が抑えられる。

ビットコインはクレジットカードの手数料よりさらに安価な決済コストを実現でき、かつ土日祝祭日に左右されない。また、売り手買い手双方ともに、個人情報やカード番号など、外部に漏れたら問題になるような情報の入力も必要ない。そのためeコマースの決済手段として着実に地歩を固めている。

 

ファイル:What is Bitcoin?.webm
 
weusecoins.comウィーユーズコインズ・コムによるビットコインの解説

頭文字の大小による意味の違いがあり、大文字表記 (Bitcoin) はプロトコルと取引ネットワークを、小文字 (bitcoin) は通貨自体を指す。

 

引用:Wikipedeia

 

Wiki大先生曰く、こんな感じ。

いや、長いわ笑

 

 

簡単に説明しますとー、

まず、仮想通貨とは、インターネット上で物やサービスなどに対して使用できる通貨っていう認識でOKです👌

仮装通貨は600種類以上あると言われています。

ビットコインはその中の一つなのです。

 

f:id:utsumingu:20170203173107g:plain

 

 

はい、私はそれに今どハマり中です。

株やFXもやってたのですが、

ビットコインの良さは、ボラティリティ(価格の変動性)が激しいのです。

 

 

これがここ4日間程度のチャートです。

f:id:utsumingu:20170203173342p:plain

 

4日間で約13,000は上がっています。

そして、ついさっき、7,000は下がりました笑

これで、だいぶ損しましたが笑

 

こんな感じで価格の上下の幅が大きいのでいい取引ができます笑

 

さらに、ビットコインのいいところは、

為替取引もできちゃいます。

日本円で買って、米ドル、ユーロ、中国元に交換なんてできちゃいます。

 

 

そして、そして、

このインターネット上のコインで、将来はフツーにお支払いすることができるようになるそうです。

詳しくはこの記事をどうぞ🙏

ビットコイン対応店舗、国内2万カ所へ急拡大 17年中にも :日本経済新聞

 

 

 

こんな将来性のあるビットコインだけど、

大きなデメリットが!!!

f:id:utsumingu:20170203173423j:plain

 

この仮想通貨なんですけど、

国が関与していません。

 

ということは、

日本円や米ドルといった法定通貨なんかと違って、

一気に価値がなくなるっていうこともあり得ます。

日本円だって、他の国の通貨だって、

価値がなくなったり、低くなることはありますが、

国がバックにいるので、

ある程度は抑えられます。(ジンバブエなどは対象外です笑)

 

しかし、ビットコインは、簡単に価値がなくなりやすい可能性を秘めています。

 

さらに、インターネット上なので、セキュリティがしっかりしているとは言え、

天才ハッカーにかかれば、一瞬で盗まれる可能性もあります。

 

なので、確かに儲けは出ますが、

あくまでも、自己責任でお願いします。

 

そんなビットコインのお話でした。笑

とりあえず、さっきの下げのせいで、損してるので、

今から取り返しに行ってきます。

 

それでは、おつおつー!